エゴグラム性格診断

エゴグラム性格診断とは

1950年代、アメリカの精神科医エリック・バーンによって、交流分析(Transactional Analysis)という人格理論が提唱されました。

交流分析は心理療法のひとつであり、エゴグラムはそこから考案されたパーソナリティ分析法です。

エゴグラムからわかること

私たちは心の中に「3人の自分」が存在し、それらにより人格が作られています。

親(Parent/ペアレント

自分の親や周りにいた大人と同じような考え方・感じ方をして、自分も同じように考え行動する部分。

大人(Adult/アダルト)

成人した大人として冷静・客観的にものごとをとらえ、「今ここ」の状況に応じて適切な行動や考え方をする部分。

子ども(Child/チャイルド)

子どものころに経験し感じたことと同じように考え、行動する部分。

 

 

私たちは環境や状況に応じて無意識に3つを使い分けていますが、それぞれの反応の強さには個人差があります。

それはその人特有の思考や行動パターンに現れます。

もしあなたが対人関係で悩んでいたり、自分の性格に葛藤や悩みを感じているとしたら、それらのバランスが偏っているのかもしれません。

エゴグラムは「3人の自分」(親・大人・子ども)の強弱をもとに、あなたの性格の特徴を分析します。

そして自己理解を深めることによって、バランスの偏りを改善することを目指します。

また、他人の考え方や行動の違いもわかるようになるのであまり悩みすぎなくなります。

あるいは「私は私でいい」という安心感が得られるかもしれません。

このような方へ

 よりよい人間関係を築くためのヒントがほしい

 自分の思考・行動パターンの傾向を知ってセルフコントロールしたい

「こうありたい自分」に近づく、具体的な方法を知りたい

 自分の強み、弱みを知りたい

 自分を変化させる視点がほしい

診断方法

50項目の簡単な質問に「はい」「いいえ」「どちらともつかない」の3択で回答いただきます。

それをもとに診断をしていきます。

 

診断メニューはこちら

 

エゴグラム性格診断